Others1 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

身体に良いはずの入浴剤が毒? of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:身体に良いはずの入浴剤が身体に毒?


お風呂にゆったり浸かる時、入浴剤を入れると身体が温まり、リラックスできます。ただ入浴剤の中には身体に悪影響を及ぼすものがあることをご存じでしょうか?入浴剤を選ぶ時には要注意です。

t-images2028129.jpg【入浴剤の効果・効能】
●保湿効果
入浴剤の成分と皮膚のタンパク質が結合して膜を作られることで保湿効果が保たれます。

●血行促進効果
入浴剤の血管拡張作用のある成分が皮膚から吸収されて皮下内に入り込むことで血管が拡張します。その結果、血液循環が活発になります。
※お湯で身体が温められると吸収率は更に高まります。
(食事など口からの吸収を「経口吸収」というのに対し、皮膚からの吸収を「経皮吸収」と言います。)

<経皮吸収とは?>
皮膚から吸収されることを言います。皮膚と血管はとても近い為、皮膚から吸収されたものはすぐに血管内に入って全身に運ばれていきます。つまり、有害物質もすぐに全身に運ばれてしまうということです。
また口から入ったものは消化器官(肝臓など)を通って解毒される為、血管内に入る時、有害物質は少量になります。しかし皮膚から直接血管内に入るものは、肝臓という解毒フィルターを通していません。つまり、ダイレクトに有害物質の悪影響を受けてしまいます。毒性の低い物でも長年体内に蓄積し続けていけばどうなるかは明白です。これが『経皮吸収毒性』の怖さです。入浴剤に限らず、シャンプーや石けんを選ぶ時にも要注意です。

【気をつけたい入浴剤成分】
入浴剤の主成分は「炭酸水素ナトリウム(重曹)」です。炭酸水素ナトリウムは、「無害で、危険性はない」ようです。ただし、他の成分には「有害化学物質」がたっぷり含まれてりいることもあります。

●合成着色剤・・・アレルギーや喘息を引き起こす。
●保湿剤(プロピレングリコール)・・・カブレなど肌の炎症を引き起こす。
●香料・・・気分が悪くなったり、頭痛を引き起こす。
●殺菌防腐剤(サリチル酸)・・・発疹・頭痛・染色体異常を誘発する。
●防腐剤(パラベン)・・・カブレなど肌の炎症を引き起こす。

しかも入浴中は皮膚の温度が上昇して角質層も柔らかくなる為、有害物質の吸収率は更に高くなってしまいます。(約10倍)

【お奨めの入浴剤】
●死海をはじめ、天然のお塩
●アロマオイル など。

身体に直接触れる、毎日使うようなものは、何よりも「安全性の高いもの」を選びたいですね(^-^)

ecalbt002_001.png