kinmaku4 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

筋膜リリースと一般的なマッサージやストレッチとの違い of 筋膜矯正 ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:筋膜リリースと一般的なマッサージやストレッチとの違い


筋膜そのものの研究が本格的になされるようになってからまだまだ日が浅く認知度の低かった「筋膜」ですが、最近ではテレビや雑誌などで取り上げられることもあり、一般の方にも少しずつ浸透してきました。その一方で「筋膜」という言葉だけが一人歩きをし、筋膜リリースがとても特別なものであるようにお感じの方が多くおられるように思います。そんな「筋膜リリース」について、一般的なマッサージやストレッチとどのように異なるのかをお話したいと思います。

(※筋膜についての詳しい説明はコチラをご覧ください⇒筋膜とは?

C001955805_164-219.jpg
筋膜リリースが必要となる筋肉・筋膜は癒着(ゆちゃく=くっつく)と呼ばれる状態になっています。

(※筋膜の癒着についても詳しい説明はコチラをご覧ください。⇒筋膜の癒着

筋膜リリースとは「くっついてしまった筋膜と筋肉を剥がす(分離)こと」です。くっついているものを剥がすには筋肉と筋膜が同じ方向に動いていては剥がすことはできません。

例えば、2つのグラスが重なった部分を「癒着している部分」と仮定します。
その癒着を剥がすには逆方向に力を加える必要があります。

2016-07-11_010808.png

同じ方向に力を加えてもグラスを離すことは出来ません。どちらかのグラスを固定し、もう一方のグラスを動かす(力を加える)ことになります。

図3.png

筋膜リリースという手技のベースは、専門的な言葉を使うと「静的圧迫」と「自動運動」です。

「静的圧迫」とは、「皮膚に対して垂直に圧を与えること」
「自動運動」とは、「自分の意思と力で筋肉を動かすこと」

静的圧迫を加えることで筋膜の動きを抑え、筋膜を動かない状態に保ちながら、自動運動でその筋膜に包まれている筋肉を動かし、くっついていた筋膜と筋肉を剥がしていきます。そうすることで筋肉や筋膜の柔軟性を増し、動かしやすいしなやかな身体を作っていきます。これが筋膜リリースの基本となります。

図1.png
例えば、魚肉ソーセージの皮の部分を筋膜、中の魚肉を筋肉と仮定すると、ソーセージの皮を剥がすには、皮(筋膜)を動かないようにふわっと握って固定し(=静的圧迫)、魚肉(筋肉)を動かすこと(=自動運動)でそれぞれの間に隙間を作るようにして剥がしていきます。

「筋膜リリース」とは、筋膜を「静止圧迫」で固定しながら、「自動運動」で筋肉を動かして動かしていくテクニックです。(※詳しい説明はコチラ⇒筋膜リリース

一方で、一般的なマッサージやストレッチは、筋肉と筋膜に対し、同様の負荷(同じ方向、同じ圧)をかけていきます。

ソーセージの皮(筋膜)と魚肉(筋肉)を同じ方向、同じ圧で「静的圧迫」を繰り返すのが「一般的なマッサージ」です。

図6.png

ソーセージの皮(筋膜)と魚肉(筋肉)を「自動運動」で一緒に伸ばしていくのが「ストレッチ」です。

図7.png

一見、同じように思われがちな、筋膜リリース、マッサージ、ストレッチですが、その本質は「似て非なるもの」。アプローチの対象も違えば、アプローチの方法も異なっています。

ecalbt002_001.png