FacialCare4 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

UVカット化粧品の選び方 of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:UVカット化粧品の選び方


UVカット化粧品には大きく分けて2種類があるのをご存知でしょうか?
PAやSPFが高ければ、紫外線がカットされると考え、UVカット化粧品を選ぶ方もおられるかと思いますが要注意です。

UVケア.jpg
【紫外線について】
紫外線には波長の長いものから、「UV-A、UV-B、UV-C」の3種類あります。

この中でも、「UVーC」は最も危険な紫外線ですが、現状ではオゾン層により守られていますので、私達の身体に届くことはありません。一般的に、「UVーA」をカットする基準を「PA+、PA++、PA+++」の3段階で表示し、「UVーB」をカットする基準をSPF値(最大SPF50)で表示しています。

【UVカット化粧品について】
紫外線対策になるSPF配合のUVカット化粧品ですが、紫外線からお肌を守ってくれる反面、肌への負担も避けられません。一般的には数値の高いものになればなるほど、肌への負担も大きくなるため、紫外線をカットするからと言って、数値の大きいものを選べば良いというわけではありません。

普段使いであれば、SPF15~20くらいが適正

SPFは「紫外線を浴びた時に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍長く出来るのか」を表す指標です。(約25分を1単位)
例:SPF1=日焼けを何もつけない状態より約25分遅らせる。
SPF50ということは、25分✕50(SPF)=1250÷60分=約20時間
∴日照時間よりも長くなるので、SPF30もあれば十分ということになります。

【UVカット化粧品の種類】
SPF効果として日焼け止めに配合されている成分は大きく2種類あります。

①紫外線吸収剤・・・紫外線を吸収して、熱エネルギーに変換するもの。
②紫外線散乱剤・・・紫外線を反射するもの。

このうち、①の紫外線吸収剤に使用されている成分には、肌負担が大きいだけでなく、色々な危険性を持つものがあるので、少し注意が必要です。例をあげていくと、

●オキシベンゾン・・・光接触皮膚炎を起こす可能性。
●ウロカニン酸エチル・・・免疫力の低下や発がん性の疑い。
●ベンゾフェノン・・・環境ホルモン(※)に指定されています。

(※)環境ホルモン・・・化学物質が生物の体内に入り、生物が本来持っているホルモンと同じ作用をしたり、反対の作用をしたり、もしくはその子孫のいずれかの世代で健康障害性の変化を起こさせる化学物質。

これらのことを考慮すると、「紫外線散乱剤」を使用した製品の方が安心だと言えます。ご購入の際には、UVカット化粧品の成分表示をチェックしてみてください。

お肌、しいては身体を守るために使うはずのお化粧品で、お肌や身体にダメージを与えてしまわないように気をつけていきたいですね。

ecalbt002_001.png