FacialCare1 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

使い心地の良いお化粧品がシミ・しわ・クスミの原因?of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:使い心地の良いお化粧品がシミ・しわ・クスミの原因?

ちょっとした生活の乱れやストレスでお肌の調子は悪くなります。お肌の調子が悪い時は、まず生活を見直すことです。でもその一方で使っているお化粧品を見直す作業も必要かもしれません。「合成界面活性剤」をご存じでしょうか?

t-kisot.jpg【合成界面活性剤】
本来、水と油は混ざりませんが、その水と油のさかい目(界面)を混ざりやすくする性質を持つ物質で、食器洗い洗剤や洗濯洗剤などに使われています。乳液、クリームなど水と油を混ぜ合せて(乳化)作られる一般的な化粧品もこの合成界面活性剤を使用して作られています。極端な言い方をすると「これらの化粧品を使うことは顔に合成洗剤を塗るのと同じ」くらいの刺激を受ける可能性があるということです。

【使い心地が良くなる理由】
合成界面活性剤の特徴の1つに「皮膚浸透性の高さ」があげられ、これが使い心地の良さに深く関わっています。乳液などのお化粧品をつけたとき、肌にスーッとなじむ感じがするのはそのためです。一方で「皮膚浸透性が強い」ということはシミ・ソバカス・シワの原因にとても深く関わっています。

【「洗顔料」等に含まれる合成界面活性剤の働き】
①強力な脱脂力と洗浄力(界面活性作用)で皮脂膜を取り除き、角質層に付着・残留。角質層の細胞間脂質を溶かす。
②角質層や顆粒層などのバリアゾーンがもろくなり、いずれは破壊される。
③合成界面活性剤の毒性(タンパク質変性作用等)が基底層に直接作用する。

その上から界面活性剤がたっぷりと含まれた【基礎化粧品】を使用するということは、洗顔でバリア(皮脂膜)を取り除かれて裸になった皮膚に合成界面活性剤をすり込むようなものです。更に基礎化粧品に含まれる合成界面活性剤はお肌に長時間とどまり続け、細胞間脂質を溶かし、皮膚の奥へ奥へと浸透していきます。

【なぜシミ・ソバカス・小ジワができるの?】
合成界面活性剤は肌のバリアゾーンを破壊するため、防腐剤などの有害物質や細菌等が侵入しやすくなります。それが肌荒れ・ニキビ・皮膚炎の原因です。更に基底層まで侵入した合成界面活性剤・防腐剤等の有害化学物質は、その毒性で基底層のメラニン細胞を刺激し、シミ、ソバカスを作ります。侵入した毒性・刺激成分を食い止めようとメラニン細胞層はメラニンを増殖させます。侵入した刺激物で増え続けたメラニン色素、これがシミ・ソバカスです。それが真皮層に沈着して広がったものが黒皮症です。紫外線に対する防御として日焼けが起こり、有害化学物質に対する防御としてシミ・ソバカスが出来ます。

また合成界面活性剤で破壊された皮脂膜・角質層は異物の侵入を防げないだけでなく水分保持さえもできなくなり、慢性の荒れ症(乾燥肌)になっていきます。これが小ジワの原因です。

お肌をキレイにするために使っているお化粧品がお肌に負担をかけているとしたら・・・。最近、お肌の調子が気になる方はお使いのお化粧品を一度見直してみると改善するヒントが見つかるかもしれません。

ecalbt002_001.png