Diet22 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

むくみの原因は塩分ではなく糖質? of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:むくみの原因は塩分ではなく糖質?

「浮腫」というと塩分の摂り過ぎを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?塩分は控えめにしているはずなのに「朝目が覚めると手や顔がパンパン、足が重だるい、ブラジャーの痕がくっきり残る」という方は砂糖の摂り過ぎが原因かもしれません。

【むくみとは?
むくみは体内に溜まった余計な水分です。これが手、足、顔など身体を内側から膨らませ、私たちはむくみを感じるようになります。

砂糖.jpg【糖質は水分を抱え込む
糖質には水分を吸収する性質があり「糖質1gにつき水3g」を抱え込むといわれています。

そして水分を抱え込んだ糖質は体内に留まり、それがむくみとして現れてきます。もちろんすべての糖質が水分と共に体内に留まるわけではなく、エネルギーとして消費することができれば浮腫むことはありません。

けれども消費する糖質の量はさほど多いものではない上に、甘いスイーツやドリンクだけでなく、パスタ、パン、ご飯など想像以上に糖質を摂る機会は多く、知らないうちに摂りすぎてしまう現代の食環境があります。摂りすぎてエネルギーに使われなかった糖質は体内に溜り、それが水分を吸収してむくみとなります。むくみは放置すると脂肪と結びつき、セルライトに発展していきます。つまり糖質の摂り過ぎはむくみだけでなくセルライトも増やし、太りやすい体質を作り上げていきます。

ここで気をつけたいことが1つあります。身長や体重にもよりますが人間の身体の約70%は水分で成人女性の1日の必要水分量は約2~2.5リットルと言われています。むくみを気にして水分摂取を控えると流れのない川の水が淀んでいるのと同じように、体内の流れが滞って老廃物を溜め込み、どんどん代謝が落ちていきます。糖質のとりすぎは控え、水分補給をしっかり行うとむくみは解消されていきます。

むくみが解消されると体重が落ちるだけでなく見た目の印象もスッキリします。糖質は脂肪がつきやすく、むくみの大きな原因の1つですが身体に必要な栄養素ですので糖質断ちは身体に毒です。糖質断ちをするのではなく必要以上の摂りすぎだけは気をつけましょう。

ecalbt002_001.png