Diet2 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

 1日に必要なお水の量は?of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:1日に必要なお水の量は?

t-1207106top.jpg水分不足はムクミや代謝不良の大きな原因の一つです。

【私たちに必要なお水の量】
人間の体内水分量は成人で体重のおよそ60~70%と言われています。体重50kgの人なら約30リットルの水が体内にあるということになります。その構成は、
約3分の2が細胞内液
・4分の1が細胞間液
・残りの12分の1が血漿(けっしょう)中
に存在しています。1日に必要な水分量は体重によって異なり、人間が必要とする1日当たりの水分量は「体重×1kg当たりの必要水分量(ml)」で求められます。

<体重1kg当たりの必要水分量>
・幼児 100~120ml
・子供 50~100ml
・成人 50ml
・老人 40ml

例)体重60kgの成人であれば、
60kg×50ml/kg=3000ml=3リットルの水分摂取が1日に必要となります。

食事から摂取される水分は1日平均0.5~1リットルと言われています。残り1.5~2リットルは飲むことで摂取することが目標です。もちろんこれは「必要な量=最低限取らなければならない量」であり、スポーツや発熱などで発汗量が多い時、下痢などで水分排出が多い時には、もっとたくさんの水分を摂取することが必要になります。

【お水のはたらき】
・食べ物が消化されていく過程で作用する、色々な酵素が潤滑に酵素反応ができるような環境作り
・栄養やホルモンを溶かし、血液などで体全体に運ぶ
・体内の不要物を尿または糞便として排泄することのサポート
・汗をかいて体温を調節

【失われる水分量】
「ただ座っているだけ」でも想像以上に私たちの体の水分は失われています。水分を補給しないと脱水症状となってしまうため、排泄機能が滞っていきます。すると本来体外に排泄していたはずの濁った水分を体内に蓄えることになり、ムクミやすくなっていきます。

<活動→失われる水分量>
・デスクワーク(8時間)→ 約480ml
・9時間のフライト→ 約620ml
・入浴(40度のお湯に10分間→ 約500ml
・睡眠→ 約350ml

【効果的な水分摂取の方法】
大切なのは一度にたくさん飲むのではなく、面倒でも生活リズムにあわせてこまめに水分摂取することです。喉の渇きを感じた時は既に脱水状態。喉が渇く前にお水を積極的に飲みましょう!

ecalbt002_001.png