Diet16 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

お酒とダイエット of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:ダイエット中にお酒と付き合う3つのポイント


エンプティーカロリーなどと言われたりするお酒ですが、実際にはお酒はアルコールだけで出来ているわけではなく、糖質がたくさん含まれています。ですので、エンプティーカロリーではありません。ダイエット中は控える方が賢明であることは間違いありませんが、とはいえ、お酒を飲んだらダイエットできないわけでもありません。気をつけたいのはカロリーオーバーだけではありません。お酒を飲んだ時、飲んだ後、太らないように下記のことに気をつけてお過ごしください。

wine.jpg【肝臓は「解毒」の臓器】

アルコールは肝臓で分解される為、お酒を飲み過ぎると肝臓に負担がかかります。肝臓はアルコール分解だけでなく、脂肪などの分解も担っています。アルコールを摂取するとその間、肝臓はアルコール分解を行う為、脂肪を燃やすことができなくなり、蓄積されていきます。これが「お酒は太る」の一因です。

また、アルコールを分解する為に、体内でたくさんのビタミン類を消費します。ビタミンが不足すると「栄養をとらないといけない!」と脳が指令を出すため、通常よりも食欲が旺盛になり、これも「お酒は太る」の一因です。

【ダイエット中にお酒を飲む際、気をつけたいこと】

POINT① お酒を飲む前

ビタミンB群をたくさん摂取しましょう。ビタミンB群はお酒の分解に使われ、身体から減少していきます。食品から摂取するには豚肉などに多く含まれますが、食べられる量に限界があるので、飲む前にサプリメントなどで補うことで代謝がスムーズになります。

<ビタミンB群が豊富な食べ物>
納豆、サバ、豚肉、ほうれん草、牛乳、豚レバー、牛レバー、やつめうなぎ、アーモンド、海藻、にら、ほうれん草、人参、アボカド、カリフラワーなど

POINT② 食事中

食べずに飲むのは、健康によくありません。あつまみには、低脂肪・高タンパク質のものを選ぶようにします。肝臓に負担をかける揚げ物は控え、万が一、食べる場合には、サラダなどの野菜類を先に食べるようにしましょう。(食物繊維の豊富な野菜を先に食べることで吸収が穏やかになります。)

<低脂肪・高タンパク質な食べ物>
納豆、豆腐、エビ、鶏のささみ、イカ、カニ、白身魚など

POINT③ お酒を飲んだ後

飲酒後の身体は脱水状態です。「お水」をたくさん摂取して毒素を早い目に排泄しましょう。(※飲酒の際の水分補給には肝臓に負担をかけないように、ジュースやお茶ではなく、「お水」がベストです。)とにかく早くリセットすることが大切です。

楽しい食事はストレス解消やリラックスにも繋がります。ダイエット中だからと言って、「あれもダメ、これもダメ!」ではなく、飲む時は楽しく美味しく頂いて、その後でしっかりリセットしていきたいものですね。

ecalbt002_001.png