Diet15 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

月のリズムとダイエット of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:月のリズムとダイエット


海の満ち引きが月の影響を受けていることをご存じの方は多いのではないでしょうか?あれほど大きな海でさえ、月の影響を受けているのですから、約70%が水分でできている私たちの身体が月の影響を受けていたとしても、不思議はありません。そんな私たちの身体に深く関係している月のリズムに合せて過ごすことで、ダイエット効果が期待できることをご存じでしょうか?

mig.jpg

【ムーンダイエット】

ドイツのビューティエキスパート、ガブリエラ・ユストさんが提唱したもので、月の満ち欠けの周期 29.5日間を

満月に向って満ちていく「満月チャージ期」
新月に向って欠けていく「新月デトックス期」

に分け、それぞれの時期に合せたメニューを摂取していくというダイエット法です。

満月2.jpg【満月チャージ期】 = 吸収の期間

身体が脂肪や糖分を吸収しやすく、水分を溜め込みやすくなる時期です。つまり、「太りやすい時期」。

<この時期の過ごし方>
●脂肪や糖分をどんどん吸収し、太りやすい時期である為、脂肪や糖分を控えた食事を心掛けましょう。
●ビタミン・ミネラルなど、身体に必要な栄養素もどんどん吸収する時期なので、意識的にたっぷりと摂取しましょう。

奨め食材:ビタミン・ミネラルが豊富なもの
海藻・にら・ほうれん草・人参・アボカド・カリフラワーなど

※特に「満月」はエネルギーの吸収がピークに達する日です。最も溜め込みやすく、吸収しやすい日ですので、脂肪・糖分を極力減らして、ビタミン・ミネラルがたくさん摂れる食事を心掛ける必要があります。お奨め食材は、キノコ類やこんにゃくなどです。

新月2.jpg【新月デトックス期】 = 排泄と浄化の期間

満月の翌日から新月にかけての「新月デトックス期」は、解毒や浄化、発散作用などが強くなる時期です。

<この時期の過ごし方>
●デトックス効果のある食材や、お米・じゃがいも・アスパラガスなど、栄養と共に水分がたくさん含まれている食材を摂取しましょう。
●水分を多い目(1日2リットルが目安)に取ることを心掛けましょう。

奨め食材:解毒や排水作用を促すもの
お米・じゃがいも・アスパラガス・なす・レタス・白菜・きゅうり・とうがん・。大豆・かぼちゃ・パセリ・しょうが・玉ねぎ など

※特に「新月」は身体の浄化・解毒作用が最も大きくなる日です。よりデトックス効果の高い食材を摂るよう心掛けると効果的です。お奨めの食材は、ごぼう・さといも・ひじき・れんこんなどです。

【ムーンダイエットのポイントは、『食べる順番』】

①果物・木の実類
  ↓
②サラダ・生野菜
  ↓
③お米・パン・牛乳
  ↓
④肉・卵・チーズ、火を通した野菜
  ↓
⑤スイーツ・食後の飲み物

食べる順番は普段の食事からちょっと意識をして実行してみると、違いを感じる方が多いようです。

このまま実行しないとしても、食べる順番や食材選びなど、普段の食生活にちょっとプラスして、より健康的なダイエットを心掛けていきたいですね。

ecalbt002_001.png