Diet10 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

夏痩せ体質。実は太りやすい? of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg夏痩せ体質。実は太りやすい?

「暑い夏になると太ってしまう方」がいる一方で、自然と痩せていく方もおられます。夏太りしやすい方からするとダイエットの苦労をせずとも痩せていく、この「夏痩せ体質」は羨ましく思えるのも当然ですが、実は「夏痩せ体質」には大きなリスクがあることも・・・。

lgf01a201304220400.jpg【夏痩せに隠れるリスク】
夏痩せ体質の方の多くが痩せていくメカニズムはとてもシンプルです。
食欲の低下
 ↓
冷たい食事をとる・食事の量が減る
 ↓
痩せる

つまり多くの夏痩せ体質の方は内臓の冷えによる消化機能の低下や食事量の減少で体重が減少しているだけです。見方を少し変えると「食べずに痩せるダイエット」と似たようなもので、脂肪ではなく筋肉がなくなる痩せ方です。体調不良を招き、体重をキープするのが難しいだけでなくリバウンドしやすい、と多くのデメリットが隠れています。実際、夏に痩せる方は秋以降に元の体重に戻るどころか、放っておくと痩せる前以上の体重に増えるケースが多いのも特徴です。

【夏に食欲が低下する理由】
夏は暑さで身体を動かすのが億劫になり、運動量が減少し、消費エネルギーが低下します。
その上、私たちは日常的に体内の温度を一定に保つため、じっとしていても自然とエネルギーを消費していますが、夏は外気温が高く身体の中で熱を作る必要がないため、消費エネルギーが減り、基礎代謝は低下します。(夏の基礎代謝は冬と比べて、約10%も低くなるそうです。) 

「基礎代謝が低い=エネルギーが少なくても良い」

消費エネルギーが減り、エネルギーの元となる栄養素を身体が欲しなくなるため、食欲が落ちていきます。しかしこの状態を甘んじで受け入れてしまうと秋以降も基礎代謝は低下したままで太りやすくなってしまいます。夏は食事量を減らさずに低下している基礎代謝を少しでもあげながら痩せる方法を考えていかなければなりません。

消費エネルギーが減り、エネルギーの元となる栄養素を身体が欲しなくなるため、食欲が落ちていきます。しかしこの状態を甘んじで受け入れてしまうと秋以降も基礎代謝は低下したままで太りやすくなってしまいます。夏は食事量を減らさずに低下している基礎代謝を少しでもあげながら痩せる方法を考えていかなければなりません。

【夏痩せ体質の方が夏を上手に乗り越える方法】
お伝えしてきたとおり、自然と夏に痩せしてしまう方の多くは筋肉が減り、代謝が落ちて、太りやすい身体になる危険をはらんでいます。そうならないように気をつけたいことは、

●身体を冷やさないようにする
クーラーの効き過ぎは要注意。少しでも寒いと感じたらカーディガンなどはおるようにしてください。

●量が減っても栄養のバランスを考えた食事をとる
内臓の冷えは代謝不良を招きます。カロリーを減らし過ぎると秋以降にリバウンドを起こします。食欲を増進する香辛料を取り入れたり、筋肉低下・内臓の冷えを防ぐタンパク質を積極的にとることもお奨めです。

●適度な運動をする
身体を動かすと血行が促進されたり、筋肉量が増える以外にも夏痩せ・夏太りの原因でもある体温調整を司る自律神経が整いやすくなります。激しい運動をする必要はありませんが、階段の登り降り、歩く機会を増やすなど日常の中で積極的に身体を使うように意識してみてください。

●睡眠時間を確保し、規則正しい生活を心掛ける
睡眠不足は自律神経を乱し、代謝を下げる原因となります。寝苦しい夜は身体を冷やさない程度の温度設定&タイマーを使ってエアコンを上手に利用し、質の良い睡眠をとることが大切です。また規則正しい生活で自律神経を整えましょう。

夏だけでなく秋以降も視野に入れて「痩せるから、ま、いっか!」と夏に代謝を落とさないようお過ごしください。結局のところ、夏痩せ体質も夏太り体質も「筋力を落とさないこと」が大切ですね。

ecalbt002_001.png