BodyCare8 of 筋膜矯正(骨格・小顔) 内外健美サロン ブルーローズ

骨格矯正

全身の不調を招く浮き指とは? of 筋膜・骨格矯正のプライベートサロン ブルーローズ
チェックイン3.jpgご予約Top1.png

Beauty Column

ハート.jpg:全身の不調を招く浮き指とは?


皆様、「浮き指」という言葉をご存知でしょうか?女性の場合、3人に1人が浮き指だと言われています。下半身太りや冷え、浮腫の原因となるだけでなく、首こり、肩こり、ひいては、自律神経失調症のような全身の不調へと繋がっていく浮き指についてお話したいと思います。

浮き指【浮き指とは?】
浮き指とは、立ったり歩いたりする時に、地面から足指が浮いている状態です。

本来、歩く時や立つ時には、足指の付け根、足指、かかとの3ヶ所がしっかりと地面に着いている(三点歩行)のが正しい状態で、正しくこの三点歩行ができていれば、足裏全体と膝下で体重を支えることができるので、立つ・歩く時の体重などの負担やネジレは上手に解放されていきます。

一方で、足の指が地面から浮いていると、身体の重心が後ろ側のかかとに偏ってしまい、かかとと指の付け根の二点で支えることになるので、左右にかかる負担に差が生じるだけでなく、グラグラと足裏が不安定になります。その不安定さをカバーする為に、大きな負担がかかって膝に痛みが出たり、太ももやお尻の筋肉が発達したり、ふくらはぎに過剰な力が入って筋肉が固くなったりと不具合が生じるようになります。そして、一度、発達してしまった筋肉は疲れないようにと脂肪を蓄えて守ろうとする為、足はどんどんと冷えて固く太くなっていきます。

三点歩行.jpg三点歩行二点歩行.jpg二点歩行更に、足裏のグラつきをカバーする為、脊椎のテッペンにある首でバランスを取ろうとするので、首コリや肩コリも起こりやすくなります。首に負担がかかると、自律神経が上手に機能しなくなります。自律神経は首と頭の境目に集中しており、正常時には交感神経、副交感神経の2つの神経のバランスが程よく保たれていますが、圧迫されてしまうと伝達不良となり、血液が身体の末端まで巡らなくなってしまうため、足先、手足などの末端が冷えるのはもとより、全身の冷えや重だるさ、ひいては、免疫力の低下や睡眠障害にも繋がっていきます。

あまり他人から見られる場所ではないだけに意外と放置しがちな部位ですが、美容面だけでなく健康面でも浮き指を放置することは大きなリスクを抱えています。

【こんな方は要注意!】

・足指の付け根の皮膚が厚くなったり、タコができやすい、もしくは、できている。
・足指の表面にタコができている。
・足の親指を付け根から反るように押した時、90度以上曲がる。
・首や肩がこり、頭痛やめまいがする。
・体重をおとしても下半身だけ太いまま。
・巻き爪になりやすい。
・自律神経が乱れやすい。
・O脚である。
・外反母趾や扁平足である。

【浮き指の原因は?】

サイズの合わない靴
サイズが合わない靴、幅広の靴、スリッパ、ミュール、ブーツなどを履いていると、無意識に脱げないように足の指を上に持ち上げる癖がつき、結果的に浮き指になる。サイズが合うことはもちろんですが、足の指がきちんと踏ん張れて、快適に歩ける靴を選びましょう。

姿勢の悪さ
足指が上がっていると、重心がかかとに片寄る為、後ろに倒れないよう背中を丸め、首を前に出す猫背の姿勢になってしまいます。すると、頭の重さが過度に首にかかり、不調の原因になっていきます。その逆もしかりです。

他人から見えないからと放置するのではなく、美容の為にも、健康の為にも、出来ることから気をつけていきたいものですね^^

ecalbt002_001.png